セレブの中で人気を集める原始人ダイエット

ただいまハリウッドセレブを代表する美ボディの持ち主スカーレット・ヨハンソンがしているダイエット法が話題です!もちろん実践しているのはスカーレット・ヨハンソンの他にも、15キロのダイエットに成功してちょっとぽっちゃりとした印象からスタイリッシュな洋服の着こなしも話題のマイリー・サイラスも実践しているとか。他にもユマ・サーマンやミーガン・フォックスそしてジェシカ・ビールも実践しているダイエット法です。

どうせ専属トレーナーが付いているんでしょう?!と思いたくなってしまいますが、空腹を我慢する必要がない。おまけにダイエットにつきものの「我慢」をする必要なしのダイエットということで、とっても話題になっているダイエット法でもあります。海外では「Paleo Diet」パレオダイエットと呼ばれていますが、このPaleo:パレオというのは省略した言葉で、Paleolithiceraつまり旧石器時代という言葉の略語で、日本では「原始人ダイエット」と呼ばれています。

原始人ダイエットに興味ある?

アメリカでは「パレオ・ダイエット」と呼ばれていますが、日本では「原始人ダイエット」と呼ばれていてこのダイエット法を提唱しているのが、アンチエイジングの研究センターでも知られていますが、ガンの研究で医学博士を取得している脳神経外科の専門医でそして現役の医師でもあり臨床心理士の崎谷博征(さきたにひろゆき)医師です。

とにかく崎谷博征さんの経歴もかなりのものです。どれだけすごい経歴があるかというと、奈良県立医科大学そして大学院を卒業してからガンの研究で医学博士を取得しています。そしていろいろな著作がありますが2004年に「患者見殺し医療改革のペテン」の本は、医学会に大きな衝撃を与えた話題の本になりました。そしてこの本を執筆したことを機会にして、崎谷研究所をこの年に設立しています。

ここからさらなる研究を深めていったのでしょう。2007年には臨床心理士の資格を取得して今度はアメリカ医師免許にも挑戦されています。2010年アメリカ医師国家試験のUSMLE(US Medical Licensing Examination)のSTEP1に合格して翌年2011年にはUSMLEのSTEP2に合格しています。STEP1は基礎医学分野の知識を問われる問題で、STEP2は臨床知識そして技量が問われ、実際に診察をするという実技も含まれる試験です。医師としての実力は半端じゃない崎谷医師の提唱する「原始人ダイエット」これはすっごい気になります。

魚とお肉食べてよし!

ダイエットの時には、お肉はダメとかバターを塗るなんてとんでもない!肉よりお魚を食べなさい。とか、できるだけお肉や魚を摂らないようにタンパク質は畑のお肉の大豆でとりなさい。とか言われることが多いですよね?!いろんな自己流ダイエットを散々やってきては挫折して・・というアラフォーの私ですが、いろいろなダイエットを過去にやって来ました。

エアロビが流行ればエアロビを、グレープフルーツダイエットが流行ればもちろん山のようにグレープフルーツを食べ、ゆで卵ダイエットが流行ればひたすらゆで卵を食べる。もちろんどれも続かないばかりではなく、結果も出てこない!!どういうこと?!ひとつの食物だけを食べ続けるなど、もちろん続くはずもなく油を減らしたほうが言いとダイエット本に書かれていれば天ぷらなんてもちろん口にすることなど出来ません。大好きな天ぷらを我慢して、もちろん串カツも我慢して・・・。

だいたいダイエットの定番で言われるのは、摂取カロリーと消費カロリーで計算するのが多いです。例えばアラフォーの私、成人女性40代でデスクワークの場合は1日2000キロカロリーになっています。チョコレートケーキよりも和菓子を選びなさい。といわれるのは、バターや油を使っていない和菓子の方がケーキよりもカロリーが低いから。お肉よりも魚を選びなさいといわれるのは、お魚の方がカロリーが低いから。すべてはカロリーありきのダイエットです。

「パレオ・ダイエット」つまり原始人ダイエットは、【カロリーありきではない】というのがびっくりです。Paleolithiceraつまり旧石器時代の生活の食生活を実践するのが、「パレオ・ダイエット」なんです。原始人はとても健康的で身体もとても強かったといわれいます。旧石器時代から21世紀の現在、人間の遺伝子はあまり変わってはいないので、21世紀の現在に生きる私たちが旧石器時代の人たちと同じような食生活をおくっても、私たちの健康には全く影響はないというから、安心して取り入れることができるということになります。

基本的な「パレオ・ダイエット」の考え方には、現代の食べ物が自然界からのものではなく、遺伝子組み換えであったり工場で生産されたものがほとんどです。旧石器時代の人たちのように、自然界から手に入るものだけを口にすれば、原始時代の人のような健康な身体と皮下脂肪の少ない身体に自然になっていく。つまりお魚も食べていいし、お肉も食べていい。というのが今までのダイエットとはまったく違う点です。

もしかして、お肉もお魚も石器時代のように生で食べないといけないの?!と心配に思うかもしれませんが、そんなことはないですよ~!石器時代に人類は「火」を使っていました。つまり火を使ってグリルすることもOKです。

基本的にNGなのが「炭水化物」です。その中でも特にパレオダイエットでは「グルテン」はダメになっているものなんです。「グルテン」はよくアメリカのスーパーマーケットに「グルテンフリー」と書かれているのがありますが、グルテンないですよ~っ!という事になりますが、グルテンは小麦粉に含まれるタンパク質のことなんですね。これがまたまた私たちが口にするものに、「グルテン」はたくさん含まれているので、ちょっと悲しくそしてせつなくなってきます・・・。

  • グルテンが含まれる主食系・・・パン、うどん、パスタ、ラーメン、ホットケーキ、ライ麦パン
  • グルテンが含まれる飲料系・・・ビール、ソース、醤油、ケチャップ、
  • グルテンが含まれるお菓子・・・ケーキ、アイスクリーム、クッキー、クラッカー、ホットケーキなど

アーーー泣けてくる。こんなにグルテンが含まれているものをいつも口にしているだけに、これを食べてはいけないなんて。と思ってしまいますが、「パレオ・ダイエット」の基本は原始人の食生活です。原始人の食生活をイメージしてみると、「素材そのものをそのままに食べる」これが基本になります。つまり加工食品はダメということになるので、乳製品そして調味料もダメ、ナッッ系はOKでも豆類はダメになります。そしてお砂糖に塩も、パレオ・ダイエットではダメなんです。

それでもオリーブオイル、ココナッツオイル、グレープシードオイル、そしてナッツ系のアーモンド・オイルなどは大丈夫なので、ドレッシングの代わりにオイルをかけて食べればいい。酸味が欲しかったらレモン汁をかければいい。そしてスパイスにはハーブを使えばいいということになるので、野菜をそのまま生の味のみで食べなくちゃいけない。ということはありません。お肉もお魚もそして卵だって食べることができるので、あーーーお肉が食べたい!!!という気持ちになっても、我慢することなく食べれるのが嬉しいですね。

目的はダイエットだけではなくて、体質改善としても大きな注目を集めています。ずっと続いていたアレルギーが治ったとか、いつも必ず健康診断でひっかかっていた数値がパレオ・ダイエットをして正常値になったとか、ダイエット以外にも健康面でもプラスの結果が出ていることでも今とっても注目を集めているダイエット法になっています。

本当はもっともっと細かいルールがあるようです。たかに糖質を制限する「糖質制限ダイエット」はかなり効果が期待できますし、あの彦麿呂も糖質制限だけで20キロも体重減に成功しているので、このパレオ・ダイエットのように、塩・砂糖はダメとなっているのでこれだけでもかなり高い効果を得ることが出来そうな感じがしますよね~ もし、塩をちょこっとお肉にかけていただきたい。と思えば、岩塩を使えば自然の状態のままなので、それはそれでありではないでしょうか?!

「パレオ・ダイエット」をもっともっと追求して忠実にそして厳密にすると、農薬や肥料で育った野菜も果物もだめになってしまうので、オーガニックとかどんな牧草を食べて育った牛や豚なのか?!とこの魚は養殖じゃないよね?天然のじゃないと・・・といったようにキリがなくなるので、【加工食品をできるだけとらない】ことに意識を置いて、グルテンを取らないこと。と心がけるだけでも、ずいぶん違ってくると思います。それと塩を岩塩に代えて、オイルはオリーブオイルやココナッツオイルにすること。そして砂糖は取らないというシンプルな考えにするだけでも、効果が期待できそうです。

「グルテンフリー」と「糖質ダイエット」を実践することとになるので、結果が出てくるはずです。ナッツも食べていいし、果物もたべていいならかなり空腹感はまぎれるはずです!オリーブオイルで、シンプルに鶏肉を揚げて食べる事だって出来てしまうのですから!衣は小麦粉を使うので、衣を使わなかったらダイエットの敵とも言われている「揚げ物」も食べれちゃうので、これだと気長にやれば結果はついてくるはず。

スカーレット・ヨハンソンに続け~~~!!!と原始人ダイエットやってみよっかな。だって、ゲキ太りしたレディ・ガガもグルテン・フリーで見事に15キロをスルッと落としたというし、厳密にパレオ・ダイエットをしようとするのは続かないので、勝手に入門編と銘打ってチャレンジするぐらいのかるーい気持ちでスタートするぐらいで丁度いいのかも?!

本格的に「パレオ・ダイエット」を生活全部に取り入れようとする・・つまり旧石器時代の人たちと同じように、空腹を感じたら自分の食べたいものを食べ(もちろん旧石器時代と同じくその時代にあった食物のみ)、そして眠りたくなったら眠るというライフスタイル。そしてエクササイズを取り入れるとするなら、狩猟をしていたように軽めのランニングでしょうか。アスリートのようにタイムを競って走るようなトレーニングではなく、適度なランニングに重たい石を持ち上げるようなイメージでちょっとした重たいバーベルを持ち上げる程度でしょうかね。わざわざ腹筋100回とか、ヒンズスクワット100回などなどやる必要はないので、必死になってエクササイズをする必要もなく日の出とともに目覚め、日の入りとともに身体が休息を求めたら休む・・・というシンプルライフになりますね。

個人的には1週間ぐらい、こんな生活を過ごしたらどんだけ身体がリフレッシュできるんだろう?!と気になります。